弁護士に相談する必要性

お金どうしてわざわざ弁護士に相談する必要があるのか、と疑問に感じた方もおられると思います。弁護士に相談したことなど今まで一度もないという方もおられるでしょうし、そんなことせずとも全部保険会社に任せておけばという方もいるかもしれません。では、どうして弁護士に相談するのかというと、一つには適正な慰謝料を支払ってもらうためです。基本的に保険会社は相場を大きく下回る示談金しか提示してきませんし、これはどんな大手の保険会社でも同様です。保険会社もビジネスですから、できるだけ出費は少なくしたいのです。

個人で保険会社と交渉した場合だとうまく丸め込まれてしまいますし、これ以上は出せませんと言われてしまうとどうしようもなくなってしまいます。最終的に相場を大きく下回る示談金で納得させられてしまいますし、大損してしまうこともあるのです。弁護士だと示談金や慰謝料の適正な相場についても理解していますし、保険会社との交渉を任せることもできます。最終的に裁判に持ち込んで高額な慰謝料を取ることもできますし、自分で交渉した場合に比べると慰謝料や示談金はかなり増額されるでしょう。こうしたメリットがあるため弁護士に相談すべきだと言われています。